上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回日記に載せたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の話題を一つ。
日本対アメリカ戦で、審判に因る誤審騒動がおこりました。

それにより日本は敗戦、アホなジャッジが原因で敗戦を喫してしまいました…。カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ
朝から見ていたけど、もうね憤慨っすわ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!
で、この球審は…

『どうも曰くつきの球審だったみたいですよ…(;´Д`)』千葉ロッテの「バレンタイン監督」もメジャーで監督をやっていた時にこのアホ審判の噂を聞いていたらしく「目立ちたがりで、アホなジャッジをする事で有名だった」と語っております…。

(;´Д`)オイオイ...

世界一を決める大会だぞ?
そんな微妙な審判使わないで世界一の審判を連れてこいやーーーーーー!!!《゚Д゚》ゴルァァァァァァァァァァァァア!!

そもそも、日本対アメリカの試合でなぜにアメリカの審判がジャッジをしておるのだ…orz
これでは国際大会のもう一つの利点「審判の育成」という成長の芽を自ら摘んでいるんじゃないですか?こんな事他の競技ではとてもじゃないが考えられない事ですよねぇ…。
幾らメジャー主催の大会だからって酷すぎるよぉ。('A`)

というわけで、勝てる試合を『何か』の力が働き、落としてしまったこの一戦…。
しかーーーし!内容では絶対に勝っていた訳なのだから、気を取り直してここから全勝!!
そして、『何か』の力がない中で、もう一度2次リーグでアメリカにチャレンジだーーーーー!!!!(屮゚Д゚)屮カモォォォン

(ちなみにこの『何か』とは…。

昨年のJリーグでのアウェイ浦和戦で、某審判によるフロンターレに不利なジャッジが続発するという事件が発生。試合を落としてしまいました。
その後の記者会見で関塚監督が「今日の試合では『何か』の力が働いていた。選手は全力を尽くしました。」と発言。
これにより、フロンターレサポーターの間でしばらく語られることになった言葉なのである。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shotakibe.blog42.fc2.com/tb.php/790-d7c46c09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。