上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、少し前に某ワークショップでお会いして以来仲良くして頂いている、ケンユウオフィスさんに所属されている声優さん『新田英人』さんの芝居とおなじみ木部の大親友「まいにゃん」こと『永井真衣』ちゃんとそのライブのゲストとして出演していた腐れ縁(w)『坂本美里』ちゃんのライブを観に行って来た!

新田さんの芝居は戦争もの。
そう、僕が春にやったのも戦争もの。という事もあって、時代背景は違う物のいろいろと戦争について研究していただけに、すんなり入り込めました!

舞台や衣装なんかも本当に良く作り込まれている素晴らしい作品で、エンターテインメント作品として最高な出来だった!
終演後あまりにも悲しい結末にひとりでボロボロ泣いてしまったんだけど、さらに泣かされてしまった出来事がありました。
それは主宰でいらっしゃる『古澤徹』さんが、千秋楽だけ特別に行ってくれたカーテンコールでの言葉。

「先日頂いたアンケートの中で、若い方からの感想で『登場する方達が近代的な方達ばかりだったので入り込めなかった。』という感想を頂きました。しかし、同じ日本人時が変わったとしても今の人だろうが戦時中の人だろうが根本的にはかわらないのです。ただ、当時の人に取っては戦争というのもが当たり前のようにそこにあっただけなんです。」

この言葉を耳にしてガツン!と来てしまいました。
僕も春にやった芝居で戦争の事についていろいろと調べました。ただ、逆に言うとその芝居がなければここまで当時の状況について知る事が出来なかったと思う。

今の人たちにとっては『戦争を知らない事』が当たり前になってしまっているんです。
古澤さんのそのお言葉を聞いた時に、僕は怖くなってしまいました。そして、とても悲しくなってしまった。

僕たち表現者は、表現によって様々な事を伝える事が出来る。
僕は表現をして行く限り、『伝え続けなければならない事』から逃げないようにしようと思った。

再びそんな思いにさせてくれるすばらしい作品でした。

終演後新田さんへ挨拶に行った時にも落ち着かないくらいないちゃったな…。。
新田さん、ごめんなさいっ!!そしておつかれさまでした!^^
またご飯でもいきましょうね!


さて、その後荻窪に移動して、まいにゃんと美里のライブへ!
こちらのライブでも感動させられましたっ!終演前のトークでまいにゃんも言っていたけど、本当にすべてが「いいライブだった!」です。

心地よい空間。
心地よいお客さん。
心地よいトーク。
そして、心地よい歌。

様々がうまくミックスされて、どれにも干渉しない。
そんな最高なイベントでした!

誘ってくれてありがとう!^^
これからもよろしくね!

まいにゃんを見ていると、先日読んだ本の一節が思い浮かびます。

『ポジティブなエネルギーを持った人の周りには、やはりポジティブなエネルギーをもった人が集まる。さらにその人たちの周りにもポジティブなエネルギーをもった人間があつまるのだ。』

この一節がまいにゃんにはぴったりです!!
俺もそんな魅力的な人たちが集まってくれるような魅力的な人間になりたい!
こころからそうおもった!!


よっしゃ!今日も新田さんとまいにゃんと美里にすんげーエネルギーもらった!
明日のワークショップも、やったるぜいぃ!!


明日は自転車でスタジオまでいっちゃおっかなぁ~♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。